スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



創作検索ぴあすねっとNAVI

コミックルーム[WEB漫画検索サイト] 人気アダルトBLOG アダルト検索BBJapan かうんとだうん☆あだると

無料アダルトアダルトナビゲーター
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姉のカタキは女殺し 1-15

 私は男と向かい合うようにして、マットレスの上に座っていた。もちろんお互いに全裸のままだ。

 男の前にはコンビニの袋があって、その中にはいろいろな食べ物が入っていた。彼はその中からお弁当を取り出してフタを開けた。

 とくに何を話すでもなく、彼は一人でもしゃもしゃと食べ始める。

 ときおり思い出したようにこちらを向き、口移しで食べさせてくる。私はされるがままに、その半固形物を受け入れる。


 ごくん──。


 横目で部屋の隅を見ると、そこには私が持ってきた例のサバイバルナイフがあった。ずっと気にはなっていたのだが、やっぱりまだ放置されたままだ。

 男も私の注意がナイフに行くのは分かっているだろうと思う。

 だというのに、どうして部屋の外に持っていかないのだろう。

 自由になった私と、抜き身のサバイバルナイフ。


(──身の危険は感じないのだろうか?)


 男は完全に無防備だった。何しろ裸であぐらをかいて両手でお弁当を食べているのだから。

 私がいまナイフに走り寄れば、簡単に殺傷能力のある武器を手にすることができるのだ。

 ──男の考えていることが分からない。

 もう私の復讐心は消えた、そんな風に思っているのだろうか。


(──なくなってなどいない……。決してなくなったりはしない……)


 確かに何度も抱かれて、そのたびにイカされて、あまりの気持ちよさに自分自身を見失ったこともある。男に向かって、好きだなんて叫んだこともあるような気がする……。

 だけど、あれは本当にそう思っていたからじゃなくて──ただ単に、興奮して気持ちよくて──そう、高まっていたからついつい口にしてしまっただけのこと。

 ──まさか、本当に好きになるわけがないじゃない……。

 男はそれを分かっていないのだろうか。自分のことを好きだという女には殺されない、そう思っているのだろうか。


(だとしたら、相当なバカだ──)


 私は覚悟を決めた。

 慎重に、タイミングを見極める。

 男が箸でごはんをすくい、口に運ぼうとするその瞬間──床を蹴って跳ぶ。

 飛びつくようにしてサバイバルナイフを拾い、グリップを握って男に向けて構える。

 男は私の急な行動に面食らった様子で、


「ん、なんや、どないした?」


 箸を止めた。

 彼が振り向くと、そこにはもちろん、ナイフを手にした私の姿。

 そんな私の姿を確認してもなお、男は動揺を見せない。


「ああ、なんや、ナイフか。どうしたんや、それで何するんや」


 まるで自分には関係ないというような、のん気な言い草である。


「何するんだ、じゃないよ……」


 私はできるだけ低い声を作って言う。


「……アンタまさか、私が何をしにここまで来たか、忘れたとでも言うんじゃないでしょうね……」


 精一杯脅しを効かせたつもりだったが、男はたいして怯んだ様子もない。それどころか──再び箸を動かして弁当を食べ始めたのだ。

 驚く私に、男は口を動かしながら言う。


「ん、ああ、そういや、言うてたな、何か。俺を殺すとか。最初のころは……」


「──最初だけじゃない! 今だって気持ちは変わってない!」


「ほう、そうかそうか」


「そうかじゃない、わかってるのか! 殺されるんだぞ!」


 男はぽりぽりと頭を掻いてこちらを向く。股間には勃起したペニスがそそり立ち、圧倒的な存在感を示していた。


「……いやなあワシはな。そんなことよりもや……」


 ペニスを指でピンと弾き、男は言う。


「しゃぶってくれや」


「! ──な、何をっ!」


 男が亀頭の先に指をあてがうと、ペニスの先から透明な液体が糸を引いて伸びた。


「ほら、チンポの先から汁が溢れてきよって……。しゃぶってくれんか」


 あぐらをかいたままの、不遜な態度。


「──ふ、ふざけるな! 今がどういう状況か分かってるのか!」


「……分かっとるわい。ワシのチンポがビンビンで先から汁が溢れ出してきとる状況や。今しゃぶってもらったら絶対気持ちエエからな。しゃぶってくれや」


「──くっ、ふざけるな!」


 何なんだコイツは──。どうしてこんな状況で、こんなことが言えるんだ──。


(まさか……私がしゃぶるとでも本気で思っているのか? こんな状況で? あんな下品なモノを……)


 ──あんな下品な……、あんなチンポを……。

 あんな……すごい──。


「ん、どうしたんや。はようしゃぶってくれや」


 身体が震える。太ももを伝って愛液が垂れる。

 ──くっ、何を……。私はあいつを殺すためにここにやってきたんだから!

 一歩、また一歩、ゆっくりと近づいていく。ナイフのグリップを握る手に力を込める。

 狭い室内、すぐに男の前に着いた。

 相変わらず男はのん気に弁当を食べている。こちらに注意も払っていない。ペニスはさっきよりも一層グロテスクに血管を浮き出させていた。


(──簡単だ。ただナイフを突き立ててやればいいだけ。どこでもいい。力いっぱいやれば、問題ない。それだけで、すぐに終わる。簡単だ──)


 私は男の目の前で床に膝をつく。手のひらが痛くなるほどにナイフをきつく握りしめる。

 ふと視線を落とすと、男の股間に脈打つペニス。先からはだらだらと汁を垂らしている。


(絶対殺してやるんだ。絶対殺してやるんだ。絶対殺してやるんだ──)


 私は心の中でずっとそれだけを繰り返しながら、

 ──両手を床について、身体を折り曲げた。

 水を飲む猫のような格好で、男のペニスの先端に口をつけ──尿道から溢れてくる汁をすすった。


 ぢゅる……。


「──あああ、気持ちエエわ」


 男が恍惚の表情を浮かべて息を漏らす。

 私は両手を床について、男の怒張を舐め上げた。


 じゅる……じゅるる……。


 陰茎に舌を這わせて、カリ首も舌先で刺激。ツバをたくさん分泌しながら、丁寧にしゃぶる。

 亀頭全体を喉奥で包み、睾丸や足の付け根にいたるまで舐め回す。そしてまた、長い裏筋に沿って舌を登らせ──先端の汁をすする。

 亀頭に舌を巻きつけたまま、全体を咥え込んでいく──一番深いところまで。

 男の陰毛が鼻先をくすぐり、喉ちんこが圧迫されて吐きそうになる。涙とよだれが溢れてくるが、気にせず男根を口に含み続ける。

 多くなった水分を利用して、じゅぼじゅぼと下品にしごきたてた。


「あああ……ええぞ、うまいぞ……おおおお……そう……」


 男のペニスは口の中で、何度も跳ねた。わざとやっているのか、自然とそうなるのかは分からないが、ピクピクと動いている。

 私は口の中全体で肉棒と雄汁の味を感じながら、フェラし続けた。

 やがて──。


「おおおおおお、そろそろや……」


 そう言うと男は私の後頭部に手を置いた。

 そして、力任せに私の頭を動かす。


「──っ!」


 じゅごじゅごじゅごじゅご!


「ぶはっ! んぶぶっ! んぶぶぶぶんんんんっ!」


 脳みそを激しく揺さぶられながらの、強引で容赦ないイラマチオ。

 頭が揺れて何も見えなくなる。ただ口内を性器のように扱われて、呼吸もできない。なぜだかアソコからは愛液が溢れて股を濡らしている。


 じゅごじゅごじゅごじゅご!


 男のペニスが口の中で膨らみ、痙攣する。一瞬の後に、


「っくおおおおおおおおおおおおお!」


 ドクドクドクドクッ!


 彼は私の喉奥に射精。

 大量の精子が食道に流れ込んでくる。鼻の奥にも入った。涙が溢れて、いまだ射精の収まらないペニスを口に含んだまま咳き込んだ。

 ものすごく生臭い匂いが口中に広がり、私は身悶える。

 が、男はすべてを吐き終わるまで頭から手を離してくれなかった。

 ものすごい力で股間に顔を押し付けられる。尿道に残っていた精子がトロトロと舌の奥に流れてくる。

 何分にも及ぶ長い射精。男はその余韻を楽しむように、その後もしばらくは解放してくれなかった。


「ぶっはあ──はぁ──はぁ──」


 ようやくまともに息を吸い込むことができた私は、口からザーメンの糸を何本も垂らしながら咳き込んだ。

 そして男は、間髪入れずに私をマットに押し倒してくる。


「初フェラやな。気持ちよかったぞ。チンポまだまだ連発できるからな……。口を精子まみれにした美由紀かわええから、このまま犯したるわ」


 そう言って、私のツバと精液でドロドロになったペニスをアソコに当ててくる。足首を掴まれて、強引に股を開かせられる。


「ワシの精子にまみれた顔眺めながら中出しや。ザーメン味わいながらイカせたるわな」


「──んんんっ!」



 ──そして、私はその後二時間近く犯され続けた。

 精子の匂いを嗅ぎながら、何度も何度もイカされた。

 男は二発も中出しし、私は上の口でも下の口でも精子を味わわされるのだった。

 視界の端にサバイバルナイフが見えた。

 が、もうどうでもよかった──。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



創作検索ぴあすねっとNAVI

コミックルーム[WEB漫画検索サイト] 人気アダルトBLOG アダルト検索BBJapan かうんとだうん☆あだると

無料アダルトアダルトナビゲーター
[ 2012/01/09 20:49 ] 姉のカタキは女殺し | TB(-) | CM(-)
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。