スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



創作検索ぴあすねっとNAVI

コミックルーム[WEB漫画検索サイト] 人気アダルトBLOG アダルト検索BBJapan かうんとだうん☆あだると

無料アダルトアダルトナビゲーター
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

淫虫症の女 1-6

 ホテルで入念にシャワーを浴びた。

 可能な限り精子は洗い流したつもり。でもそれにも限界がある。自分ではどうしようもない部分の方が多かった。

 仕方なく仁美はそのまま病院に駆け込んだ。

 が、そこで彼女を待ち受けていたのは、実に残酷な知らせだった。





「感染したのが昨日で……そして今日もうこれですか。あなたこんな短時間のうちに、一体何人の男に抱かれたんです?」


 先生は別に仁美を虐めたい訳でもなかっただろう。純粋な疑問といった感じで聞いてきた。

 が、彼女はもう顔を真っ赤にしてうつむき、恥ずかしさに身を固めるしかなかった。






「……す、すみません……」


「いや、別に謝ってもらってもどうにもなりませんが……。これはもう手術は無理ですよ。完全に手遅れです」


「そ、そんな──」


「いやまぁ……淫虫とうまく付き合っていけばいいだけの話ですけどね。幸い淫虫は害というほどのこともない。ただ性欲が高まり、全身の感度が上がって男が欲しくなるという、ただそれだけのこと」


「そ、それだけって──」


「命に関わる深刻な病気に比べればマシな方ですよ。ほら、困った時は私も協力しますから」


 そう言うと先生は、机の引出しを開けて中から数枚の写真を取り出した。

 仁美はそれを受け取り、一体何が映っているのかと確かめてみる。

 そして、写真を手にしたまま絶句してしまった。

 その写真の中には──精液にまみれた裸の女性たちが映っていたのだ。

 何発もの精子を身体中に浴びてピースサインをしている若い女。高校の制服だろうか? チェックのスカートだけを腰に巻いた状態でバックから突かれている女の子。結婚指輪をした三十前後の女性は、口を大きく開けてその中に大量の精子を溜めていた。ベッドの上で五人ほどの男性に囲まれて、足先しか見えていない女性の写真もあった。


「……あ、あ……あ……」


 仁美はそれを見ただけで興奮し、目の前の男性に熱い視線を送ってしまっている自分に気が付いた。

 先生の唇が迫ってくる。

 仁美は身体を動かすこともできなかった。呆けた表情のまま彼のキスを受け入れる。


 ちゅく……ちゅく……じゅる……。


 病院の一室で、先生に激しく胸を揉まれながらキスされる。

 彼の手がスカートの中に入ってきた。

 仁美は自分から足を広げて、その手がもっと奥にまで入ってこられるようにした。


「……んはっ……」


 口を離して熱い息を吐くと、先生が頬に手を添えてきた。そして言う。


「淫虫は子宮全体に広がれば、もうそれ以上は増えません。どうですか、この際ですから今日ここで……しっかりと増やしきっておきますか。私が協力して差し上げますので……」


 先生はズボンを下ろし、中からぶるんとペニスを取り出した。

 仁美は犬のように舌を出して、その物体から目が離せなくなる。


「吸いたいですか? いいですよ。思う存分舐め回してもらって構いません」


 仁美は頭を下げて、先生の半勃ちのペニスに口を近づけていく。
 ぐしょぐしょに濡れたアソコを、指でかき回しながら……。



 七月二十日、月曜日。

 淫虫は、仁美のすべてを支配した。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



創作検索ぴあすねっとNAVI

コミックルーム[WEB漫画検索サイト] 人気アダルトBLOG アダルト検索BBJapan かうんとだうん☆あだると

無料アダルトアダルトナビゲーター
[ 2011/11/29 03:20 ] 淫虫症の女 | TB(-) | CM(-)
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。